合同自主練について
合同自主練についての考え方

目的
ビーイングの会員が、自主性を重んじた練習を行うことで、個々の課題を克服し、競技力を向上させることを目的とする。


概要
1 会員(準会員を含む)は無料(クラブ負担)で競技場の利用ができる。
2 コーチや指導補助者、ブロック長や上級生からの指導は原則として行わない。自主的な練習のみとする。
3 競技場予約は役員が行うが、コーチや役員の参加は任意とする。
4 雨天時は原則中止とする。


合同自主練の進め方
1 前半の1時間は全体でウォーミングアップを行う。
(例:ジョグ2周 体操 ドリルA+B スパイク流し120m×2本)
2 後半の1時間は自分で決めた練習メニューを自主的に行う。
(使用したい道具がある場合は、道具管理者に事前に確認する。)
3 安全に留意し、事故や怪我は自己責任とする。(クラブはクラブ規約の範囲内で対応をする。)

2015.4.25
  • bun
  • 2015/05/14 (Thu) 13:37:03
Re: 合同自主練について
現在、全体練習と合同自主練がありますが、その違いを具体的に説明する時間がとれずにここまで来てしまいました。

そこで、合同自主練の考え方について、まとめました。

一言で言うと、「みんなで集まってそれぞれが自分のやりたい練習をする」ということです。「指導を受ける場」ではなく、「練習を積む場」というとわかりやすいかもしれません。

お気づきの点がありましたらお知らせ下さい。
  • bun
  • 2015/05/14 (Thu) 13:44:36
Re: 合同自主練について
補足事項

会場が野田である場合、事前の出欠確認を行います。
8名以上の参加があると団体料金になるためです。
  • bun
  • 2015/06/08 (Mon) 11:56:56

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)